アルマード化粧品なら卵殻膜コム

アルマードの通販化粧品 商品一覧 よくある質問 はじめての方へ アルマード美肌通信

アルマード > 気になるワード

気になるキーワード
■「ベビーコラーゲン」って?

ここでいう「ベビーコラーゲン」とは、体内にあるコラーゲンの1種、III型コラーゲンのことをいいます。III型コラーゲンが「ベビーコラーゲン」と呼ばれるのは、赤ちゃんのうるおいのあるお肌に多く含まれているためです。

人の肌には、このIII型コラーゲンとともにI型コラーゲンが存在していますが、元気な肌を維持するためには、III型コラーゲンが欠かすことができません。美肌に必要不可欠な「ベビーコラーゲン」は、老化とともに体内で減少していってしまうため、肌にハリとつやが無くなってしまうのです。

通常の化粧品で「コラーゲン」として配合されているのは、I型コラーゲンの場合が多く、美しい肌を取り戻すには効率がいいとはいえません。そこで考えだされたのが、独自の新成分「卵殻膜粉末」を配合した、「卵殻膜」化粧品です。「卵殻膜」とは、ゆで卵をむいた時にくっついている白くて薄い皮のことをいいます。
                    
このゆで卵にくっついている白くて薄い皮を直接食べるのもIII型コラーゲンを維持する一つの方法です。でも、水に溶けにくいので吸収はあまりよくありません。卵殻膜を有効に採るには、水に溶けやすいように“加水分解”させたものが一番です。卵殻膜コムでは、この“加水分解卵殻膜”商品を販売しており、特に卵殻膜サプリメントは大人気商品となっております。


■「お肌の曲がり角」って?

「お肌の曲がり角」という言葉は昔からよく使われていますが、「お肌の曲がり角」とは、人の肌の70%を構成しているI型コラーゲンとIII型コラーゲンの割合が、25歳前後を境に逆転することをさします。

「ベビーコラーゲン」とも呼ばれるIII型コラーゲンは、成長期には豊富に存在しているのですが、加齢とともに減少し、25歳前後でその割合がI型コラーゲンを下回ってしまうのです。

「トレビオーディ」は、「卵殻膜」に着目した化粧品です。「トレビオーディ」とともに、曲がり角のない肌人生を。